連覇狙う柏が準決勝へ 広島、川崎F、G大阪も4強

[ 2014年9月7日 22:00 ]

 Jリーグ・ヤマザキナビスコ・カップ準々決勝第2戦(7日・日立柏サッカー場ほか=4試合)2連覇を狙う柏のほか広島、川崎F、G大阪が勝ち上がり、ベスト4が出そろった。ホームアンドアウェー方式の準決勝は広島―柏、川崎F―G大阪の顔合わせで10月9、12日に行われる。

 柏は横浜を3―1で下し、2試合合計5―2で快勝。広島は前回準優勝でJ1首位の浦和と2―2で引き分けて2試合合計で並んだが、アウェーゴール数で上回った。

 川崎FはC大阪に2―3で敗れたが、第1戦のリードを守った。G大阪は神戸に3―0で快勝し、2試合合計4―1で勝ち進んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年9月7日のニュース