帽子投げ捨てた指揮官 酒井高「盛り上げたり、気合を入れたり うまい」

[ 2014年9月7日 20:46 ]

 一般にも公開された練習で、アギーレ監督がトレードマークの帽子を投げ捨てる大げさなパフォーマンスを見せた。

 攻撃時のCKでサイドバックに位置取りを指示する際に、冗談めかして怒りをあらわにしたが、表情は笑っていた。右サイドバックだった酒井高(シュツットガルト)は「帽子を投げたのは冗談。盛り上げたり、気合を入れたり、雰囲気づくりがうまい」と語る。

 攻撃の組み立ての練習では「バッ、バッ、バッ」と大きな声を上げ、リズムを上げるよう促した。硬軟自在の指導ぶりは初白星につながるか。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年9月7日のニュース