大久保 代表視察なしの“冷遇”を力に変える!

[ 2014年8月23日 05:30 ]

ボールを追いかけるる大久保(中)

J1第21節 川崎F―横浜

(8月23日 ニッパ球)
 12ゴールで得点ランク単独トップに立つFW大久保が“冷遇”を力に変える。「全ての試合で点を取ることしか考えていない。それが(代表への)アピールになればいい」。

 アウェー横浜戦は28日の日本代表発表前最後の公式戦だが、日本代表スタッフの視察予定はなし。16日の前節C大阪戦、20日の天皇杯3回戦J2愛媛戦はコーチ陣がスタジアムに来たが、アギーレ監督の直接視察は1度もない。22日の練習後には消防士の熱狂的ファンからサインを求められ丁寧に対応。過去に何度も弱小クラブの降格危機を救ったアギーレ監督も消防士の異名を持つだけにシニカルな光景だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年8月23日のニュース