首位浦和は引き分け 鳥栖2位、鹿島3位に浮上

[ 2014年8月23日 21:21 ]

<FC東京・浦和>満面の笑みでスタジアムを後にする日本代表のアギーレ監督

 J1第21節(23日・味の素スタジアムほか=9試合)浦和が点の取り合いの末にFC東京と4―4で引き分け、勝ち点41で首位を守った。FC東京は22歳の武藤が2ゴールを挙げた。鳥栖は大宮を3―1で下し、同40として2位に浮上。鹿島は小笠原が2得点の活躍で清水に3―1で逆転勝ちし、4連勝の同39で3位に上がった。

 川崎は横浜Mに0―2で敗れ4位に後退。神戸は仙台に逆転勝ちし、徳島は新潟を破った。広島―C大阪、名古屋―柏、甲府―G大阪は引き分けた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年8月23日のニュース