バルサ ネイマール開幕戦出場微妙 練習で左足首捻挫

[ 2014年8月23日 05:30 ]

 リーガ・エスパニョーラは23日に開幕。昨季はAマドリードが18季ぶりの優勝を果たしたが、今オフに大型補強を行ったバルセロナとRマドリードが巻き返しを狙う。昨季無冠のバルセロナはウルグアイ代表FWスアレスが補強の目玉。W杯で“かみつき事件”を起こして10月末まで出場停止だが、昨季プレミアリーグ得点王の実力は折り紙付きだ。

 「トップ選手の数は多いほどいい」というルイス・エンリケ新監督がメッシ、ネイマールと共存させられるかが鍵となる。W杯での腰椎骨折から復帰したばかりのネイマールは21日の練習で左足首を捻挫し、24日のエルチェ戦出場が微妙となった。

 昨季欧州CLを制したRマドリードはコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス、ドイツ代表MFクロースを獲得。25日に対戦する昇格組のコルドバにはFWハーフナーがフィテッセから加入しており、日本代表アギーレ監督も注目する一戦となりそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年8月23日のニュース