神戸のスタイル「中央突破」貫き、初タイトルに夢つなぐ

[ 2014年8月23日 05:30 ]

J1第21節 神戸―仙台

(8月23日 ノエスタ)
 16日のアウェー柏戦に敗れ9位に後退したチームは、23日の仙台戦(ノエスタ)に向け神戸市西区で1時間の軽めの調整を行った。

 FWマルキーニョスに夏場の疲労が隠せないうえに、右膝痛が長引くMF小川の欠場が決定。しかし、前節から大きなメンバー変更はない見通し。相手がどれだけ研究してきてもパスをつないで中央突破する神戸のサッカーを貫く。安達監督は「そこを打ち破らないといけない。打破する」と宣言。完成度を上げることで初タイトルの夢をつなぐ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年8月23日のニュース