大迫 独2部デビュー戦でゴール、鋭い出足でスキ逃さず

[ 2014年2月11日 07:20 ]

デュッセルドルフ戦の前半、競り合う1860ミュンヘンの大迫(手前)

 ドイツ2部リーグ、1860ミュンヘンにJ1鹿島から加入したFW大迫勇也が10日、ホームのデュッセルドルフ戦で移籍後初出場し、後半18分に先制ゴールを決めた。試合は1―1で引き分けた。

 大迫は2トップの一角でフル出場した。先制点はシュートを相手GKがこぼしたのを見逃さず、鋭い出足で奪って左足で蹴り込んだ。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年2月11日のニュース