東京V、松本との開幕戦で異例「3本勝負」 勝てば相手HPジャック

[ 2014年2月11日 10:15 ]

 J2東京Vは11日、3月2日に行われる今季のリーグ開幕戦(対松本、味スタ)において、両チームのサポーターならびにチームによる3本勝負を行うと発表した。

 勝ったチームが、試合翌日まで負けたチームの公式サイトをジャックするという前代未聞なこの企画。「3本勝負」の内容は、「サポーターリレー対決(1ポイント)」「観客数対決(2ポイント)」「試合勝敗対決(3ポイント)」の3本で、合計ポイントで勝敗を決定。勝ったチームは、負けたチームの公式サイトを試合の翌日までジャックし、今回ホームの東京Vが負けた際には、7月26日に行われるアウェー松本戦で、東京Vのマスコット「ヴェルディ君」がボランティアとして試合運営をお手伝いするという。

 ちなみに、松本がJ2初参戦となった2012年の開幕戦で激突した両チーム。その試合はアウェーの松本が観客数では完全に上回って東京Vのホームを“ジャック”したものの、試合そのものは東京Vが2―0で完勝。その後は東京Vが●△●と現在3戦連続勝ちなしと“微妙”な状況となっている。

 ともに「緑」をチームカラーとする両チーム。Jリーグの創成期を盛り上げた東京Vと、2008年北京五輪代表を率いた反町監督の就任3年目でJ1昇格を狙う位置まできた松本、どちらに軍配が上がるのか。3月2日の開幕戦は、選手もサポーターもこれまで以上に負けられない1戦となる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年2月11日のニュース