美南 フル代表入りアピール弾!紅白戦で1G1Aと活躍

[ 2014年2月11日 05:30 ]

なでしこチャレンジ合宿の紅白戦で1得点1アシストをマークしたFW田中美南(右)

 女子サッカーの若手有望株を集めたなでしこチャレンジ合宿は10日、熊本県内で3日目を行い、次世代エースの呼び声高いFW田中美南(19=日テレ)が30分3本の紅白戦で1得点1アシストをマーク。フル代表で挑む3月のアルガルベ杯(ポルトガル)のメンバー入りへ猛アピールした。

【合宿メンバー】

 20年東京五輪の星が、フル代表入りへ向けて存在感を示した。参加45人を3組に分けた紅白戦。1本目に田中美はゴール前右サイドで受け、GKの位置を確認し浮き球のシュートで得点を挙げた。2本目には中央で受け、冷静に右に展開して井上綾香(仙台)のゴールをお膳立て。2得点に絡み「結果を求められているので1得点1アシストできて良かった」と納得の表情だ。

 昨年のアルガルベ杯にU―19代表候補から飛び級で初招集され、ドイツ戦で初出場初得点。一気にブレークした。来月には同大会と同じ時期にU―23世代のラ・マンガ国際大会があるが、「アルガルベに行きたい。ドイツ戦以外に何もできなかったので、もう一回挑戦したい」とA代表入りを熱望する19歳が、佐々木監督の前でしっかりアピールに成功した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年2月11日のニュース