高徳 6連続先発も悔しい5連敗「降格争いの重圧ある」

[ 2014年2月11日 05:30 ]

アウクスブルク戦の前半、競り合うシュツットガルトの酒井高(左)

ブンデスリーガ シュツットガルト1―4アウグスブルク

(2月9日)
 シュツットガルトのDF酒井高は右サイドバックで6試合連続で先発した。突破からのクロスで好機を演出するなど見せ場もつくったが、得点には絡めなかった。

 後半8分にFWイビセビッチが退場して数的不利になったことも響き、チームは5連敗。2部3位との入れ替え戦に回る16位のニュルンベルクとは勝ち点2差の14位で残留争いから抜け出せない状況が続く。酒井高は「下位との差が詰まった重圧はあるが、降格するからではなく、上にいきたいから勝つという気持ちでやる」と前を向いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年2月11日のニュース