世界最長身?なでしこ新星GK山根 キラリ存在感

[ 2013年2月27日 06:00 ]

GK山根が海堀(後ろ)とボールを使ったゲームで笑顔を見せる

なでしこジャパン国内合宿

(2月26日 千葉)
 なでしこジャパンは26日、千葉県内でアルガルベ杯(3月6日開幕、ポルトガル)に向けた代表合宿を行い、GK山根恵里奈(22=千葉)が存在をアピールした。代表出場はここまで1試合ながら、関係者が「女性GKでは世界で最も身長が高いのでは」と指摘する1メートル87の長身でミニゲームなどで存在感。この日、練習を見学したラグビー日本代表のジョーンズヘッドコーチが長身を生かすポジションを挙げ「(2列目の)ロックで使えるんじゃないか」と目を丸くしたほどだった。

 経歴も異色だ。日本協会が少女に不人気のGK発掘のために04年から始めた「スーパー少女プロジェクト」の1期生。当時「バレー部がなくてボールの大きさが似ていたから」とサッカーをしていた中2の少女が才能を開花させた。昨夏のロンドン五輪のバックアップメンバーに選ばれる一方で故障の連続。3年前に椎間板ヘルニアを患った際は引退も考えたという。それでもU―20代表で指導を受けた佐々木監督の「おまえがなでしこでやれるようになったら日本は変わる」という激励は忘れていない。守護神には海堀が控えるが「頑張ればチャンスをもらえる」と山根。指揮官が大会中の全選手起用の方針を示す中、その時を待っている。

 ▽山根 恵里奈(やまね・えりな)1990年(平2)12月20日、広島県出身の22歳。宇品東小3年からサッカーを始め、06年JFAアカデミー福島1期生として入校。東京電力を経て12年に千葉に移籍。08年と10年のU―20W杯出場。国際Aマッチ出場1試合。1メートル87、78キロ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年2月27日のニュース