カズ 46歳なお進化「体重増えて体脂肪率減っている」

[ 2013年2月27日 06:00 ]

サッカーボール型の誕生ケーキをプレゼントされたカズ、左は等身大フィギュア

 J2横浜FCのFW三浦知良が26日、46歳の誕生日を迎え、肉体がさらに進化していることを明かした。この日は3月15日、東京・台場にオープンする体験型アトラクション施設「マダム・タッソー東京」のプレス内覧会に参加。製作費2000万円以上する自身の等身大フィギュアと対面すると誕生ケーキもプレゼントされ、プロ28年目のシーズン開幕を前に気合を入れた。

 真っ赤なジャケット姿で登場のカズは等身大フィギュアの極似ぶりに思わず目を丸くした。早速“分身”に自身の代名詞でもある高級ボルサリーノとストールを贈るとキスするパフォーマンスまで披露。「この辺(前髪)はこんなに白髪は多くないけどね、足の筋肉の付き方とかまで同じ。なんか気味悪いよね」と笑顔をみせた。

 46歳になった。カズはフィギュアが精巧に再現した筋肉がさらに進化したことを明かした。「体重が増えて体脂肪率が減ってる。(日本には)46歳のサッカー選手のデータがないからデータに基づいて、ということが言えないんだけどね。今、データをつくってます」と笑わせた。まさに前人未到。未知の領域と戦い続けてきた結果だ。

 創設当初から引っ張るJリーグも節目の20周年。カズは言う。「50歳手前の選手が20代と一緒の練習をして大丈夫?と思うこともあるけど自分を信じてやるしかない。Jリーグも20年、選手は丸々入れ替わった。代わってないのは僕だけ、でもそれは誇りでもある」。少しの本音と強烈なプライドをのぞかせた。

 カズのフィギュアも展示されるマダム・タッソー東京は来月オープン。サッカー選手で披露されるのはメッシ、ベッカムとカズの3人だけだ。プロ28年目のシーズンは3月3日、アウェー岐阜戦で開幕。46歳のキングが、世界的なスーパースターにも負けない輝きを放つ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年2月27日のニュース