武藤 決定機外す「決めていれば勝てる試合だった」

[ 2013年2月27日 06:00 ]

ACL1次リーグE組 仙台1-1ブリラム

(2月26日 ユアスタ)
 仙台は昨季13得点を挙げたウイルソンに代わって大卒3年目の武藤が先発したが、決定機を外してしまった。

 後半4分、ゴール前でフリーでボールを受け、右足でゴール右を狙い澄ましたが枠を外し「(決めていれば)勝てる試合だった」と、うなだれた。それでも初のアジア舞台に手応えも感じた。「やれないことはないと思ったし、もっとできた」。次戦で悔しさを晴らすつもりだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年2月27日のニュース