森保監督、前半反省も「まだまだ先は長い 巻き返したい」

[ 2013年2月27日 21:02 ]

<広島・ブニョドコル>前半、ブニョドコル・ピシュル(中央)に先制ゴールを許す広島GK西川

ACL1次リーグG組 広島0―2プニョドコル

(2月27日 広島ビ)
 ホームでのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)初戦。J1王者としては寂しすぎる結果となった。広島の森保監督は「ホームで何としても勝ち点3を取りたかった」と話すが、零敗で勝ち点3どころか「0」。雨の中、駆け付けたサポーターに「申し訳ない」と頭を下げた。

 ただ、後半には何度もプニョドコルのゴールを脅かすなど、攻撃面では光明も見えた。「前半は慎重に入りすぎた」と悔やむ指揮官だが「まだまだ先は長い。全ての力を発揮して巻き返したい」と前を向くことも忘れなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年2月27日のニュース