川澄の「みなさん頼みますょ」に想像超える盛り上がり

[ 2011年9月26日 07:12 ]

パレード前に小学校を訪れ花飾りを頭に乗せ笑顔を見せる川澄(右は上尾野辺)
Photo By スポニチ

 女子W杯ドイツ大会で金メダルを獲得したなでしこジャパンのFW川澄奈穂美(26=INAC)、MF大野忍(27=同)、MF上尾野辺めぐみ(25=新潟)の3人が、地元の神奈川県大和市で凱旋パレードを行った。

 “大和なでしこ”が地元に帰ってきた。赤と白の2台のオープンカーに分乗した川澄、大野、上尾野辺の3人。さらに、車にはノーベル化学賞を受賞した大和市名誉市民・根岸英一氏(76)も乗り込み、同市のヒーロー、ヒロインがそろい踏みした。

 パレードのルートは小田急江ノ島線の南林間駅前西口広場から、二条通商店街を通って鶴間駅までの約700メートル。もともと30分間の予定だったが、1万人以上が集まり、あまりの人の多さに倍近い時間をかけて祝福を受けた。24日のブログで「ガラガラだと淋(さび)しいから、みなさん頼みますょ」と告知していた川澄も「これだけ集結してくれるとは思ってもいなかった」と想像を超えるフィーバーぶりに驚きを隠せない様子だった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年9月26日のニュース