川澄凱旋!五輪金で「やまとなでしこ通り」誕生

[ 2011年9月26日 06:00 ]

オープンカーの上から声援に応える(左から)川澄、大和市・大木市長、上尾野辺

 女子W杯ドイツ大会で金メダルを獲得したなでしこジャパンのFW川澄奈穂美(26=INAC)、MF大野忍(27=同)、MF上尾野辺めぐみ(25=新潟)の3人が、地元の神奈川県大和市で凱旋パレードを行った。

 沿道に詰めかけた1万人以上が、W杯優勝とロンドン五輪出場権獲得をダブルで祝福。五輪で金メダルを獲得すれば、パレードのルートを「やまとなでしこ通り」と名付けるプランも浮上した。

 同市は全国有数の女子サッカーどころ。川澄と上尾野辺が小、中学校時代に所属していた「大和シルフィード」など女子チームが計6チーム存在する。住民らは女子サッカーのメッカとしてさらなる地域活性化を目指している。そこで持ち上がったのが「やまとなでしこ通り」。今回のパレードのルートに全国で初めて「なでしこ」の冠名をつけようという計画だ。

 南林間地区街づくり協議会の田丸旭会長は「五輪で金メダルを獲得したら、街を活気づけるために二条通商店街を“やまとなでしこ通り”にしたい」と説明。既に同市では、南林間駅から西に約1・3キロの道路を根岸氏にちなんで「やまと根岸通り」にすることを決定。大和市都市整備総務課の浅野悦夫課長は「なでしこが五輪でさらに活躍して、地元の機運が高まれば市としても応援する」と前向きだ。

 大野は「南林間駅は高校時代によく利用した駅。(通りになでしこの名前がつけば)それはビッグなことだし、地元の人にも喜んでもらえるのかな。応援してくださる皆さんのためにも五輪でメダルを獲れるように頑張る」と気合十分。故郷の大きな期待を目の当たりにしたことで、あらためてロンドン五輪での活躍を誓った。

 ◇著名人などの名前がついた通り

 ☆サザン通り(神奈川県茅ケ崎市)同市出身の人気グループ「サザンオールスターズ」にちなんでいる。JR茅ケ崎駅南口の西側から国道134号を結ぶ。

 ☆雄三通り(同)JR茅ケ崎駅南口から歌手の加山雄三の実家(父上原謙さんの邸宅)跡を経て、国道134号へつながる道。かつては「上原謙通り」と呼ばれた。

 ☆ひばり街道(福島県いわき市)「みだれ髪」の舞台となった塩屋埼の灯台下から薄磯海岸沿いの420メートルの区間。

 ☆サザエさん通り(東京都世田谷区)作者の長谷川町子さんが長年住んだ桜新町にある。東急田園都市線の桜新町駅から長谷川町子美術館へとつながる道。

 ☆水木しげるロード(鳥取県境港市)93年、「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木氏の出身地にオープン。JR境港駅から水木しげる記念館を結ぶ通りに120体の妖怪像が並ぶ観光名所。

 ☆森繁通り(東京都世田谷区)森繁久弥さん(故人)の自宅跡と最寄り駅の小田急線千歳船橋駅北口を結ぶ約660メートルの区道。昨年11月の一周忌に命名式が行われた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年9月26日のニュース