出場アピール 清武「どうであれ問題ないです」

[ 2011年9月26日 06:00 ]

 C大阪が27日のACL全北戦に備えて韓国・全州入り。右内転筋挫傷で全治2週間の診断を受けたMF清武は「日に日に良くなっている。あとは監督に任せるだけです。先発起用もいける?どうであれ問題ないです」と出場に意欲を見せた。

 この日は移動に約8時間もかかり練習はなし。クルピ監督は「ケガの選手の状態を確認して、相手の特徴を見て(先発を)考える」と26日の練習でメンバーを決める方針。引き分け以上で準決勝進出が決まるが、清武は「引き分け狙いできたわけじゃない。あした確認してどこまでできるか」と前向きに語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年9月26日のニュース