佐藤&李、10戦ぶりアベック弾!持ち味の攻撃力発揮

[ 2011年6月22日 22:43 ]

<広島・山形>後半、決勝のPKを決め李(右)と喜ぶ広島・森崎浩

J1第17節 広島3―2山形

(6月22日 広島ビ)
 広島は持ち味の攻撃力で3点を奪った。特に、得点源の佐藤と李が10試合ぶりにそろってゴールを挙げたのは混戦模様の上位争いの中で明るい材料だ。

 佐藤の先制点はストライカーの嗅覚が光った。ミキッチが右サイドを突破したのに合わせ、ゴール前でフリーに。あとはクロスを押し込むだけで「あれは自分の良さの一つ」とうなずいた。

 ロングボールで抜け出し、得意の左足で決めた李は「(今季は)まだ5点なので全然、取れていない。最低2点は取らなくちゃいけなかった」とあくまで貪欲。ただ、6試合ぶりの一発には「1点取れれば波に乗れる」と手応えを感じた様子だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年6月22日のニュース