暑過ぎる中東…関塚ジャパン 初練習で紅白戦実施

[ 2011年6月22日 08:44 ]

練習を終えたサッカーU―22日本代表の永井。左は一緒に写真に納まろうと近寄る現地の子ども

 サッカー男子のU―22(22歳以下)日本代表は21日、クウェート市到着後の初練習を約1時間行った。中東特有の暑さの中、左足首捻挫から復帰していたFW永井(名古屋)らが調整。後半は非公開だったが、選手によると、紅白戦を実施したという。

 U―22クウェート代表とのロンドン五輪アジア2次予選第2戦は23日(日本時間24日未明)に同市近郊で行われる。2次予選はホームアンドアウェーの2試合の合計スコアで争われ、日本は19日のホームでの第1戦を3―1で制している。勝者が9月から来年3月までの最終予選に進む。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年6月22日のニュース