森崎浩がPKで決勝点!広島が競り勝つ 

[ 2011年6月22日 21:23 ]

<広島・山形>後半、決勝のPKを決め李(右)と喜ぶ広島・森崎浩

J1第17節 広島3―2山形

(6月22日 広島ビ)
 序盤からボールを支配し、積極的に攻めた広島が競り勝った。前半27分に佐藤が先制し、同43分には李が加点。2―2の後半35分に森崎浩がPKを決めた。山形は2度追い付く粘りを見せたが、守備で集中力を欠いた。

 ▼広島・ペトロビッチ監督 勝利に値するプレーをしてくれた。上位を戦っていくためには攻撃は最大の防御と認識し、実行していく必要がある。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年6月22日のニュース