ユトレヒト移籍の高木善、まずは“宮市超え”

[ 2011年6月22日 06:00 ]

大げさに?別れを惜しむ大親友の小林(右)に抱きつかれ笑顔の高木善

 オランダ1部リーグのユトレヒトに移籍することが決まったJ2東京VのMF高木善朗(18)が21日、都内で会見を開き“宮市超え”を誓った。

 FWからサイドバックまでこなす万能型だが、1月の練習参加時にプレーしたトップ下で期待されていることもあり「得点の目標はないけど、昨季の宮市よりは多く取りたいですね」。来季もフェイエノールトでプレーするか微妙な“プラチナ世代”の親友に対して報告も済ませたそうで「寂しいからいてほしい」とオランダ残留を熱望した。現在は英語とオランダ語を猛勉強中で、当面は一般家庭にホームステイしながらプレーする。8月6日の開幕戦は吉田らが所属するVVVフェンロといきなりの日本人対決となるが、「夢は欧州CLに出ること、そして日本代表に入ってW杯に出るのが目標です」と力強く語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年6月22日のニュース