カズスパイクが落札額1位の778万円!

[ 2011年5月31日 06:00 ]

 日本プロサッカー選手会は30日、東日本大震災の被災地復興支援のために行った慈善オークションの売上金が4073万8388円だったと発表した。

 落札額1位はJ2横浜FCのFW三浦知良がJリーグ選抜の一員として日本代表と戦った3月の慈善試合で使用したスパイクで、778万8777円。選手の寄付で集まった1269万6208円の義援金とともに日本赤十字社へ送られる。また、被災者への継続的な支援や、今後起こり得る自然災害による被災支援のため「J100年基金」を設立すると発表した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年5月31日のニュース