FA 疑惑のFIFA会長選延期を要求

[ 2011年5月31日 20:11 ]

 イングランド・サッカー協会(FA)のバーンスタイン会長は31日、国際サッカー連盟(FIFA)の会長選をめぐる買収疑惑を理由に、FIFAが6月1日の総会で予定している会長選の延期を要求すると発表した。

 さらにスコットランド協会も31日、延期を求める声明を発表。総会に動議を提出して4分の3以上の同意を得られれば延期が決まる。

 会長選は、買収疑惑が浮上したハマム理事(カタール)が立候補を辞退し、唯一の候補となったブラッター会長の4選が確実視されている。バーンスタイン会長は「延期することで、信用を回復し、新たな会長候補に立候補する機会を与えられる」との談話を発表した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年5月31日のニュース