「がんばろう!宮城」仙台が右袖にワッペン

[ 2011年4月15日 19:26 ]

 東日本大震災で被災した仙台市がホームタウンのJ1仙台は15日、今季のユニホームの右袖に「がんばろう!宮城」のワッペンをつけると発表した。リーグ戦などで着用し「被災地の少しでも早い復興と、被災された方々の笑顔の回復という願いがこめられている」としている。

 同じく仙台市がホームのプロ野球楽天は今季、「がんばろう東北」のワッペンを使用。阪神大震災が発生した1995年に被災地の神戸市が本拠地のオリックスは「がんばろうKOBE」のワッペンをつけ、パ・リーグで優勝した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年4月15日のニュース