内田「俺がレオなら…」エトオ左サイドは想定内

[ 2011年4月15日 06:00 ]

インテル・ミラノ戦で競り合うシャルケの内田(左)

欧州チャンピオンズリーグ準々決勝第2戦 シャルケ2―1インテル・ミラノ

(4月13日)
 【内田篤人と一問一答】

 ――エトオが左に張るのは予想していた?

 「試合前に俺が(インテルの)レオナルド監督だったらどうするかを考えていた。エトオさんは右足が得意だから、点を取らせるために左サイドに来るからというのはあった。飛び込んでグリグリと縦に行かれるのが一番良くないので、味方が戻るまで遅らせることを心掛けた」

 ――日本人初の4強入り

 「(4強入りが増えて)そういう質問がなくなってくれば、日本のサッカーも面白くなってくるんじゃないですか」

 ――次の相手、マンチェスターUの試合は見た?

 「きのう、みんなで(TVで)見てました。いい選手がいますね。まだ(対策は)考えてないですけど」

 ――優勝も見えてきたのでは

 「簡単に勝てる大会ではないので、1試合、1試合大切にやりたい。次は(16日にリーグ戦の)ブレーメン戦があるので、今はそのことしか考えていない」

 ――南米選手権は

 「協会に任せます。選ばれたら行くし、選ばれなければ行かないし。まあできれば呼んでもらえたらなと思いますけど」

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年4月15日のニュース