清水4発完敗も…小野「アヤックスに感謝」

[ 2011年4月15日 06:00 ]

慈善試合の開始前に、東日本大震災の犠牲者に黙とうをささげるアヤックスイレブン(奥)と清水イレブン

 清水は13日(日本時間14日)アムステルダムアレナでオランダ1部・アヤックスと親善試合を行い、0―4で敗れた。3万4000人を集めての入場料収入に、約2週間の募金活動で集めた金額を合わせた約600万ユーロ(約7億2600万円)を東日本大震災の被災地への義援金として寄付する。

 アヤックスは胸部にオランダ赤十字社の口座番号「6868」を掲出したユニホームを着用。デ・ブール監督は「たくさんの人々を助けることができると思う」。清水のゴトビ監督も「このイベントはサッカー以上のものだった」と話した。

 試合は前半25分に速攻からFWツビタニッチに先制点を奪われると、35、後半22分にも決められてハットトリックを許した。MF小野は「アヤックスに感謝している。大敗に終わったが、いい経験ができた。今後は自分たちが被災地の人たちに夢と希望を与えられるように戦いたい」と23日のJ再開を見据えた。(アムステルダム・堀秀年通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年4月15日のニュース