武豊とのコンビでドバイ遠征のドウデュース、帰厩後初の併せ馬 友道師「折り合いが良くなった」

[ 2024年2月29日 14:09 ]

ドウデュース(右)
Photo By スポニチ

 昨年暮れの前走・有馬記念で3度目のG1制覇を飾り、ドバイターフ(3月30日、メイダン芝1800メートル)に参戦するドウデュース(牡5=友道)が29日、放牧から帰厩後初の併せ馬で追い切った。

 CWコース3頭併せで最内に進路を取り、サトノファントム(3歳未出走)に4馬身先着、アドマイヤテラ(3歳オープン)と併入でゴールへ。全体時計は6F86秒8に抑えられたが、ラストは馬なりで1F11秒5とさすがの脚力。友道師は「3歳馬相手だったけど折り合いが良くなった。14日か15日にジョッキー(武豊)に乗ってもらって追い切る予定です」と遠征を見据える。

 前走後は栗東トレセン近郊のノーザンファームしがらきで調整し、6日に帰厩した。

続きを表示

「2024 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2024年2月29日のニュース