【チューリップ賞】スティールブルー 新コンビ川田を背に鋭く伸びた 宗像師「何とかクラシックに」

[ 2024年2月29日 05:22 ]

単走で追い切るスティールブルー

 栗東滞在中の関東馬スティールブルーは新コンビ川田を背にCWコースで6F82秒3~1F11秒2。単走でラスト鋭く伸びた。

 宗像師は「2週前に栗東に移動して、向こうの雰囲気もなじんで、順調に来ていますね。前走(フェアリーS4着)も最後はいい脚で伸びていました。何とか権利を獲って、クラシックに乗せたいです」と好走を祈っていた。

続きを表示

「フローラS」特集記事

「マイラーズC」特集記事

2024年2月29日のニュース