【チューリップ賞】ガルサブランカ CWで伸び抜群 木村師「上昇傾向」

[ 2024年2月29日 05:21 ]

併せ馬追い切るガルサブランカ(左)

 栗東で調整中の関東馬ガルサブランカ。CWコースで5F68秒0~1F11秒5と抜群の伸び脚を披露した。

 木村師は「移動後も状態は良いですよ。環境の変化にも耐えてくれているし、マイナスになる部分はない。今朝も時計的にも十分に動けているし、上昇傾向にあります」と順調ぶりをアピール。

 初めての右回りにも「気にならない。まだ成長途上の段階だが、現状の持っている力を出せる仕上がりに持っていける」とコメントした。

続きを表示

「フローラS」特集記事

「マイラーズC」特集記事

2024年2月29日のニュース