×

【中京新馬戦】マッドクール 稽古の動き圧巻、池添学師「どっしりして乗りやすい」

[ 2022年1月21日 05:30 ]

 中京日曜6R(芝1600メートル)に好素材が顔をそろえる。稽古の動きならアイルランド生まれのマッドクール(牡=池添学、父ダークエンジェル)だろう。1週前のCWで6F84秒2~1F11秒7。池添が騎乗した最終追いの坂路は馬なりの手応えで4F53秒0。ラスト1Fが圧巻の11秒6!!「さらっとやってあれだけの時計で動くからね」と池添学師も感心しきりだった。気性に関しても「どっしりして乗りやすい」と完成度で一歩リードするイメージ。居並ぶ有力馬をまとめて蹴散らしてしまいそうだ。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年1月21日のニュース