×

【中山新馬戦】エバーハンティング スタミナ母譲り、小島師「動きは水準以上」

[ 2022年1月21日 05:30 ]

 中山日曜6R(芝2000メートル)でデビューするエバーハンティング(牝=小島、父ハービンジャー)の母は、13年オークス2着のエバーブロッサム。小島師は「カイバ食いが細くて410キロくらいしかないけど、動きは水準以上。操作性がいいので動けちゃう。小さくてちょこちょこ走るけど、距離はあった方がいい」と高評価。母譲りのスタミナを武器にデビュー勝ちを狙う。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2022年1月21日のニュース