【秋華賞】エイシンヒテン CWで軽快ラスト1F12秒7、渡辺師「使いつつ良くなるタイプ」

[ 2021年10月14日 05:30 ]

Cウッドを単走で追い切るエイシンヒテン
Photo By 提供写真

 エイシンヒテンは2週続けてCWコース単走追い。先週しっかり負荷をかけ、今週は上がり重点で6F85秒9~1F12秒7を刻んだ。渡辺師は「今週はサッという感じで良かった。使いつつ良くなるタイプですからね」と上積みを強調。「先週、ノーマルのハミで騎手が乗ったら、“リングハミにしてほしい”とのことで今日はリングハミで、レースもそうすると思う。忘れな草賞2着と同じ舞台なのであの時のレースができればいいですね」とイメージしていた。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年10月14日のニュース