【秋華賞】ユーバーレーベン戦闘モード 余力たっぷり併入、手塚師「追い切るごとに良くなった」

[ 2021年10月14日 05:30 ]

インターミッション(左)と併せて追い切るユーバーレーベン(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 オークス馬ユーバーレーベンは、Wコースで津村(レースはM・デムーロ)を背に5F67秒8~1F11秒9。前を行くインターミッション(4歳オープン)に楽に内から並びかけ、余力たっぷりに併入した。オークス後に左前肢屈腱周囲炎を発症したために直行参戦となったが、きっちり仕上がっている。

 手塚師は「2週前、先週と比べても、今週が一番ヤル気になっている」と穏やかな表情で良化を示唆。さらに「具体的に秋華賞を目指そうと決めた時は若干日数が短いかなと思っていたが、追い切りを重ねるごとに良くなった。今週の動きを見ても間に合った」と笑顔で続けた。

 3番人気に推されたオークスでソダシを撃破してG1初制覇。そのソダシとは5度目の対戦となる。指揮官は「対戦成績(1勝3敗)は分が悪いので、気持ちはチャレンジャー。2冠というよりは、彼女がこの先G1をより勝てるように、先につながる競馬ができれば」と底力に懸けていた。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年10月14日のニュース