栗東CWコース 12・7から自動計測開始 美浦では今年7月から導入

[ 2021年10月14日 05:30 ]

 JRAは13日、栗東CWコースの調教タイム自動計測システムの運用を12月7日から開始すると発表した。関西広報室専門役の山藤紘明氏は「ファンにとって予想の重要な要素であり、厩舎関係者にとって調整の重要な要素となっている調教タイムを、天候等の影響を受けることなく正確かつ安定的に供給するため」と話した。自動計測は栗東&美浦の坂路に加え、美浦Wコースでも今年7月27日に導入された。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年10月14日のニュース