【菊花賞1週前追い】エアサージュ 操縦性アップ、藤岡「反応自体はスムーズ」

[ 2021年10月14日 05:30 ]

CWコースを追い切ったエアサージュ
Photo By 提供写真

 4戦3勝の上がり馬エアサージュ(牡=池添学)は藤岡佑を背にCWコースで単走。最後は強めに追われると力強く伸び、6F84秒2~1F11秒9でまとめた。2週続けて騎乗した鞍上は「反応自体はスムーズだった。先週初めてコンタクトを取って、長いところを使う割には力むところがあってハミを替えてもらったら、随分コントロールしやすくなった。良くなってきていると思います」と好感触を口にした。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年10月14日のニュース