【川崎・鎌倉記念】シルトプレV!2年連続道営馬制覇 先行押し切り

[ 2021年10月14日 05:30 ]

スポニチ賞鎌倉記念を快勝したシルトプレ
Photo By スポニチ

 2歳重賞のスポーツニッポン賞「第20回鎌倉記念」(S2)が13日、川崎競馬場で行われた。4番人気のシルトプレが直線抜け出し優勝、昨年のリーチに続き2年連続で北海道所属馬が制した。同馬と2着ママママカロニには「第72回全日本2歳優駿」(G1、12月15日、川崎)への優先出走権が与えられた。

 「またがってみて、レースをする前から自信があった」と笹川が振り返ったように積極的な競馬で押し切った。スタートを決めると外の3番手を追走。4コーナー手前で外からプリサイスニードルが競りかけてきた時、一気にゴーサインを出した。手綱をしごいて前を追う。4コーナーで逃げたノブレスノアに外から並びかけると直線は2頭の叩き合い。左ステッキの連打で振り切るとママママカロニの追い込みも1馬身振り切ってゴールした。

 「レース前に(前走乗っていた)石川倭からメールで癖を教えてもらっていた。折り合いに苦労することなくよく頑張ってくれた。直線ふらふらする幼いところはあったが、これから成長すればもっと良くなる」と将来性に太鼓判を押していた。

 ◆シルトプレ 父ワールドエース 母エアディケム(母の父フレンチデピュティ) 牡2歳 北海道・桜井拓章厩舎 馬主・原久美子氏 生産者・北海道新ひだか町の藤原牧場 戦績5戦4勝(南関東1戦1勝) 総獲得賞金1884万7000円。

 ▼2着ママママカロニ(矢野)初物づくしだったが、辛抱して頑張った。距離は大丈夫だし、収穫の多い一戦。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年10月14日のニュース