【菊花賞1週前追い】追ってひと言

[ 2021年10月14日 05:30 ]

 ▼アリーヴォ(M・デムーロ)状態はいいですね。乗りやすい馬でスタミナがあります。

 ▼ヴィクティファルス(池添)気合乗りも良かった。力強さもあって1度使っていい感じになっている。

 ▼グラティアス(加藤征師)競馬で前向きになりすぎる面を考慮して単走追い。動きは良かった。心肺機能が強い馬なので距離は心配していない。

 ▼ディープモンスター(池江師)少し力みがあった。本来はもっとシャープに動ける馬。力まずに走れるかが鍵。

 ▼モンテディオ(四位師)順調にメニューをこなした。長いところは大丈夫。一番いいところは操縦性。

 ▼ロードトゥフェイム(尾形師)若い馬に胸を貸す形でいい追い切りができた。カイバもよく食べていて体調はいい。

 ▼ワールドリバイバル(牧田師)そこそこやった。いい感じですよ。目に見えた変わりはないけど、気分良く自分のリズムでいけばいいんじゃないか。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年10月14日のニュース