【皐月賞】傾向と対策

[ 2021年4月17日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆出走数 キャリア3戦の馬が【2・3・3・16】、同4戦馬が【4・3・4・35】。15年から6年連続でキャリア3~5戦の馬が3着以内を独占している。

 ☆新馬勝ち デビュー戦で勝った馬が【7・8・9・63】、対照的に敗れた馬は【3・2・1・79】。近2年ではデビューVの馬が3着以内を独占しており、早くから素質を示した馬が優勢。

 ☆前走着順 前走1着の馬が8勝で前走2着の馬が2勝。前走3着以下の馬の勝利はない。

 ☆枠順 4枠が連対率25%でトップ。同15%の2、6枠が続く。

 結論 ◎エフフォーリア ○ディープモンスター ▲タイトルホルダー

続きを表示

「2021 ヴィクトリアM」特集記事

「京王杯SC」特集記事

2021年4月17日のニュース