【皐月賞】(2)ルーパステソーロ 内枠から父ゴールドシップの再現だ!加藤士師「順調にきている」

[ 2021年4月17日 05:30 ]

ルーパステソーロ(撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 ルーパステソーロは南の角馬場で体をほぐした後、Bコースを1周半して臨戦態勢を整えた。加藤士師は「追い切りの時計(坂路4F56秒0)は遅かったが状態はいい。順調にきている」と感触を伝えた。父ゴールドシップは12年の皐月賞を優勝。荒れた内馬場を嫌って他馬が外を回るところをイン強襲で制した。師は「内枠だし、父みたいなレースをしてほしいね」と語った。

続きを表示

「2021 ヴィクトリアM」特集記事

「京王杯SC」特集記事

2021年4月17日のニュース