【皐月賞】(13)タイトルホルダー ギア一段上がる、栗田師「落ち着いていて集中できていた」

[ 2021年4月17日 05:30 ]

タイトルホルダー
Photo By スポニチ

 坂路に入ったタイトルホルダー。パワフルにチップを舞い上げる姿は一段、ギアが上がった印象だ。時計は4F65秒8~1F16秒5。栗田師は「落ち着いていて集中できていた。少し気が入っているけど明日には抜けるでしょう」と笑みを浮かべた。1つ内の枠には同じハナ候補のワールドリバイバル。「相手を見やすいし隊列はすんなり決まるはず」とイメージしていた。

続きを表示

「2021 宝塚記念」特集記事

「マーメイドS」特集記事

2021年4月17日のニュース