【中山GJ】ミスターX メイショウダッサイ本命!唯一の前走1着馬

[ 2021年4月17日 05:30 ]

 少数精鋭の中山グランドジャンプ(中山11R)はメイショウダッサイを本命に指名する。今回のメンバーでは唯一の前走1着馬。過去10年のデータを参考にすると、前走1着馬が【7・5・3・11】の好成績を残しており、ここは最有力候補だ。

 前走・阪神スプリングジャンプは他馬より2~3キロ重い62キロを背負いながらも圧勝。直線入り口で先頭に立ち、そこから後続をどんどん突き放して7馬身差をつけた。上積みも十分で、今春はここを目標に早めに帰厩し、調整も順調。死角が見当たらない。

 昨年の当レースではオジュウチョウサンに敗れたが、昨年の中山大障害で念願のJ・G1制覇を果たすなど3連勝中で、昨年より確実にパワーアップ。オジュウチョウサンを打ち破って4連勝だ。(6)から(2)(4)(5)(7)(8)。

続きを表示

「2021 ヴィクトリアM」特集記事

「京王杯SC」特集記事

2021年4月17日のニュース