×

【有馬記念】フィエールマン 押し切れず3着 緩く荒れた馬場が誤算「クロノに狙われた」

[ 2020年12月28日 05:30 ]

<有馬記念>3着でレースを終えたフィエールマン(右)と5着のカレンブーケドール(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 果敢に先行した牡馬代表フィエールマンだったが、同じ勝負服のクロノジェネシスにとって格好の目標になってしまった。向正面で逃げたバビットの直後までポジションを押し上げる積極策。早め先頭から押し切ろうとしたが、クロノジェネシス、さらにはサラキアと牝馬2頭にかわされ、3着に終わった。

 ルメールは「いい競馬ができた。外枠でもいいポジションが取れた」。先行策はイメージ通りだったようだが、名手にとって誤算はタフだった中山の馬場。「馬場が緩く荒れていた。こういう馬場はフィエールマンは好きじゃない」と敗因を分析した。手塚師は「まさかこういう展開になるとは。クロノに狙われた感じ」。続けて「相手はこういう馬場がうまいし、こちらは最後苦しくなってしまった。それでもコンスタントに力を出してくれて、頭が下がる思いです」と愛馬をねぎらった。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2020年12月28日のニュース