×

「20年ラスト」阪神12RはガゼボV 石坂公師「秋の中では一番状態良かった」

[ 2020年12月28日 05:30 ]

<ファイナルS>ゴール前で差し切ってオープン入りを決めたガゼボ(手前)
Photo By スポニチ

 20年中央競馬ラストの阪神12R・ファイナルSは1番人気ガゼボ(牡=石坂公、父ダイワメジャー)が差し切り、オープン入りした。吉田隼は「千二は忙しいので、千四からマイルの方がいい。競馬のしやすい馬ですよ」とパートナーを称えた。石坂公師は「秋の中では一番状態は良かった。ジョッキーもうまく乗ってくれました。この後はいったん放牧へ出します」と話した。 レース結果

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2020年12月28日のニュース