×

【中山新馬戦】ピュアブリス 逃げ切りV!松山「いいスピードを持っている」

[ 2020年12月28日 05:30 ]

<中山4R>新馬戦を制した松山騎乗のピュアブリス(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 中山4R新馬戦(ダート1200メートル)は1番人気ピュアブリス(牝=杉山晴、父ロードカナロア)がダッシュ良くハナを切り、そのまま逃げ切った。2着に2馬身半差をつける快勝に、松山は「スタートも良くて、いいスピードを持っている。終始楽な手応えで、しっかり反応してくれた。強い競馬でした」と笑顔。杉山晴師は「追い切り本数が少なくてどうかと思ったが、今日は100点満点。タイミングを見て、芝を使ってみてもいいのでは」と話した。次走は未定。 レース結果

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2020年12月28日のニュース