×

ルメール 4年連続4度目の最多勝「素晴らしい一年」 関東リーディングは22歳横山武

[ 2020年12月28日 05:30 ]

JRA年間リーディングジョッキーに決まったルメール

 204勝を挙げたクリストフ・ルメール(41)が4年連続4度目の全国最多勝騎手に輝いた。自身が18年に記録したJRA・G1最多勝に並ぶ8勝を挙げ、2度目の年間200勝など大活躍の一年。「とてもうれしいです。G1レースを8勝もでき素晴らしい一年になりました」と喜びを口にした。関東リーディングは94勝の横山武史(22)が史上最年少で初タイトルを獲得。2位吉田隼との接戦だったが、この日も2勝を挙げ、3勝差で制した。横山武は「リーディングが獲れる位置にいたので、凄く意識していました。たくさんの関係者のおかげです。獲れたことをうれしく思っています」と笑顔を見せた。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2020年12月28日のニュース