【ハッピーエンドC】46歳西田 ラスト騎乗は16着 騎手生活に別れ「寂しさは全くない」

[ 2020年12月28日 05:30 ]

<ハッピーエンドカップ>引退する西田は仲間のジョッキーたちから胴上げされる

 31日で騎手を引退する西田雄一郎(46)が中山12Rのマーマレードガール(16着)でラスト騎乗、騎手生活に別れを告げた。レース後、騎手仲間に囲まれて胴上げされた西田は「寂しさは全くない。楽しい人生を皆さまのおかげで送ることができた」と語った。来年1月1日付で調教師に転身する。また、畑端省吾(38)は阪神1R(シンクロニシティ=10着)がラストライドとなり「馬から下りて鞍を外した時に“無事、終わったな”と。大きなケガをすることがなかったのが一番ですね」と振り返った。来年からは調教師に転身し、3月1日に開業予定だ。村田一誠(42)も調教師に転身する。 レース結果

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年12月28日のニュース