×

【有馬記念】戦い終えて

[ 2020年12月28日 05:30 ]

 ▼7着ペルシアンナイト(大野)久々の長い距離だったけど我慢できていた。このスタイルに慣れていけば距離には対応できると思う。

 ▼8着クレッシェンドラヴ(坂井)いい枠だったのでロスなく運べた。最後もいい脚を使って頑張っていた。

 ▼9着オセアグレイト(菊川師)外枠は厳しかったが、ジョッキー(横山典)が最高にうまく乗ってくれた。来年は日経賞から天皇賞・春を目指したい。

 ▼10着ラヴズオンリーユー(M・デムーロ)内の馬場が良くなかった。4頭分外を走りたかったが、外からのプレッシャーが強く外に出せなかった。

 ▼11着ユーキャンスマイル(岩田康)春はそうでもなかったが秋から喉を気にしている感じ。体調は良いけどちゃんと走っていない。

 ▼12着キセキ(浜中)スタート次第で作戦を決めようと思っていた。後ろからじっくり、折り合いはつきすぎるぐらいだった。勝ち馬を目標にしたが相手が強かった。

 ▼13着バビット(内田)自分のリズムで行けたが…。まだ3歳なのでいい経験になると思う。

 ▼14着オーソリティ(川田)スムーズにいいポジションで競馬ができました。いい経験になってくれればと思います。

 ▼15着モズベッロ(田辺)ゲートで待たされて馬が鳴いてしまった。本調子じゃないのか最後は苦しくなった。

 ◆競走中止 有馬記念出走のブラストワンピースは最後の直線で心房細動を発症して競走中止。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2020年12月28日のニュース