×

【有馬記念】カレンブーケドール5着同着 “グランプリ男”池添起用の勝負手も実らず

[ 2020年12月28日 05:30 ]

<有馬記念>3着でレースを終えたフィエールマン(右)と5着のカレンブーケドール(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 G1初制覇を目指したカレンブーケドールは5着同着。有馬記念最多4勝のグランプリ男・池添を起用した勝負手は実らなかった。鞍上は「いいスタートを切って、折り合いもついてフィエールマンの後ろの位置を取れたが、3角でクロノジェネシスが来たときに手応えが違っていた」と勝ち馬に脱帽。「かわされてからも粘っているし力がある馬です」と語った。 レース結果

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2020年12月28日のニュース