【紫苑S】スカイグルーヴ、上々半馬身先着 木村師が再出発の一戦に期待

[ 2020年9月10日 05:30 ]

併せ馬で追い切るスカイグルーヴ(左)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 スカイグルーヴはWコースで併せ馬。バールドバイ(5歳3勝クラス)を3馬身追走。直線は内に併せ5F65秒0で半馬身先着した。「暑い中、よく頑張って走っている。春は気持ちの難しい面を出したので、その点が出ないように調整してきた」と木村師。

 5着に終わった前走フローラSについては「返し馬から全て駄目。調教師の力不足」と反省。「素晴らしいものを持っている馬。能力を出し切れば」と再出発の一戦に期待を込めた。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年9月10日のニュース