【紫苑S】ウインマイティー時計以上の躍動 陣営「決して悪くはない」

[ 2020年9月10日 05:30 ]

開場直後のCWコースで追い切られたウインマイティー
Photo By スポニチ

 オークス3着以来のウインマイティーは朝一番のCWコース。6F83秒5~1F12秒6の時計以上にスピード感のある動きだった。五十嵐助手は「予定通りで、動きも良く見せた。ただ、オークス時に比べると一つ二つ、足りない感じ」と“前哨戦仕様”であることを認めた。その上で「決して悪くはない。背が伸びたし甘かった右トモの成長も感じる」と前向きに締めくくった。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2020年9月10日のニュース